本文へスキップ

MAKIKI CHRISTIAN CHURCH

新しいライフスタイルをご提案します

マキキ聖城キリスト教会が神さまから期待されている事は、ハワイのみならず、
日本(高知)のみならず、日本全国いや究極は世界宣教であると位置図けています。
UPDATED 06/18


SUNDAY WORSHIP SERVICES  ・・message動画の配信は現在一時休止中です・・
▲ 第一礼拝(日本語)7時30分 110号室 / ▲ 第二礼拝(日本語)11時20分 礼拝堂
  礼拝は約一時間です。

▲ MESSAGE UPDATED 06/17
聖書箇所  ルカの福音書15章11-32節  
説教題「ある父親と二人の息子の話」 MP3  藤浪義孝牧師 


▲ ゴスペルフラ特別賛美   「聖霊の風が」 マキキフラチーム
 
▲ WELCOME TO MAKIKI CHRISTIAN CHURCH
 6月のマキキ  5月 祈りのRING

✟ 今月の福音
 ・・・・・天主閣便りより・・・・・
「連合キャンプでの恵み」 山口 一 ・ 秀美

お祈りをありがとうございました。
卒業式シーズンの真っ只中、ユースを送ってくださったことに心から感謝です。マキキからは、私たち夫婦と泰造兄、鉄造兄がリーダーとして参加しました。

①MOVE BY GOD’S LOVE
第一ヨハネ四章一節から十節
HCCの牧人先生が、参加者皆が愛されていること、愛によって送り出されていることを、主にあって語って下さいました。
朝六時半から、リーダーズ・ミーティング、続いてユースとモーニング・ ディボーション!

②GOD WANTS TO BE CLOSE .....のメッセージをもとに、一人一人語られている事、好きな箇所をシェア。みんな考えているんだなーと、共に学ばされます。どうしてわたしと、神の間にギャップがあるのか・・・?考え始めました。

メッセージタイムは、牧人先生、鉄造通訳で、詩篇一三九篇一節から六節
『主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。
 あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。
あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。ことばが私の舌にのぼる前に、なんと主よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。あなたは前からうしろから私を取り囲み、御手を私の上に置かれました。
そのような知識は私にとってあまりにも不思議、あまりにも高くて、及びもつきません。』

 続けて牧人先生が沢山の写真をフロアにまいてくださり、今の自分を一番現わしている写真、目にとまる写真をとるアクティビティをしました。皆、いっせいに、わーっと取りにいきます。
ふざけてとった子も、素直にとった子も、このみことばを聴いた後には、すべて知っておられる神の手のうちに起こっている事・・主の素晴らしい御手の業を見るおもいで、涙が溢れました。

主が明らかに働いてくださっている。

キャンプファイアーでは、IJCCの中林トミーがメッセージ、妻・美奈子が通訳。  
主に従うことで与えられた恵みと喜びを二人の出会いを通してメッセージしてくれました。また、敵が何を利用して妨げようとするかも。
ヤコブ書五章十三節
『あなたがたのうちに苦しんでいる人がいますか。その人は祈りなさい。喜んでいる人がいますか。その人は賛美しなさい。』

三日目の朝 ディボーションは、ヨシュア記四章七節

③MARKS OF GOD’S PEOPLE
前日から考えた、どうしてギャップができるのか?・・・神に近づくために手放すことが、怖い・・・よくないとわかってることをしてしまうから・・勇気がないから。
冬木裕子先生が、ジーザスの側にはノブはついていないという絵のシェア。
恋人がいる子は、いつもその人と一緒にいたいって思うよね・・神さまもそう思ってくれているんだよと、話してくださる中、主に従いたい思いで、できない自分とのかっとうを覚えてるんだな・・・と、子どもたちが通っているところを見、それぞれスモール・グループに分かれてシェアと祈りの時を持ちました。

最後のメッセージは牧人先生、秀美通訳。
ヨハネによる福音書十五節一節―八節
あなたは今どこに立っているか?
まとめにピッタリきます。
ぶどうの木につながっていることの大切さを語り、自分は折れて落ちて、枯れていないか・・心を主にサーチされるひと時。
どの写真を選んでとったかを思い起こし、どんなに私たちが自力で頑張っても、底のない瓶のよう・・主にとどまる時、はじめて瓶の中身があふれるようになったと、牧人先生が高校時代であった時の話もされました。
主がどんなに愛してくださっているかを、
冬木先生が、聖餐式をもって話して下さり、共に最後に聖餐の時を持ちました。

今回は、二回目という事もあったと思いますが、みんなが本当に一つになっている感がありました。初めての子たちも溶け込んでいる事が伝わってきます。おしゃべりしたり、ただ座って話しを聞いたり、ゲームをしたり・・・
めっちゃはしゃいで遊んで、打撲等はありましたが、大事に至らず感謝。
看護士の姉妹もいてくださって、安心も倍増!

共に賛美し、共に過ごし、共に分かち合い、帰る前に全員円くなって、ランチを食べ、キャンプの感想タイム。次回はリーダーとして参加したいとの声、楽しかった、また来年来たいと!
ハレルヤ!

足りないところだらけの私たちを用いて下さり、主の憐れみと恵にただただ感謝です。
最後になりましたが、お祈りのカバリングを本当にありがとうございました。






バナースペース

MAKIKI CHRISTIAN CHURCH

HI96814
829pensacola St

TEL 808-594-8919
E-mail makikidirect

次週のメッセージ
藤浪義孝牧師
説教題 「一致を保つために」 聖書箇所 
エペソ人への手紙4:4-13

礼拝後の愛餐会はあります。

天主閣だより6月号


Mファミリ―5月号
UPDATED 05/17
ルツのひとりごと
UPDATED 05/15
WWWエミWORLD

Rainbow Connection
MCCRC 2018